Closed


今、私がいるアラウディンの工場では、ハジカラトヨタの改善のモデル店として、
ジャカルタにある改善のチームが入り、どのようにすれば、今以上にお客様が満足し、
効率よく仕事が出来るかを日々話しあっている。

私もそのミーティングに参加させて頂いた。

説明の時、もちろんインドネシア語だった。そして、たまに英語も入る事もある。

分からないインドネシア語が出るたびに、パソコンで翻訳しながら、ミーティングを聞いていた。
ミーティングの内容はとても沢山あったのだが、特に印象に残ったのは、エンジニア達が見える場所に
改善ボードが貼っていること。

改善にも、いくつかの分野に分かれていて、それを最大6人ごとのチームに分けている。
そして、目標を定めてそれに向かって、今後どのような改善をしていくか、すでに行った改善で
どのような結果が得られたか、スタッフ全員が分かりやすいように、写真付きで貼り付けられている。

改善というのは、システムを考える事も大事だけれども、実行して、そして継続していくのは、実際に働いている私達だと思う。
だから、改善をするという気持ちがいつも私達の胸の中にないといけない。 
ここアラウディンも、まだ工場にゴミが落ちている。


そのゴミを捨てないようにする、その落ちているゴミを拾うという事も改善だと思う。

その、基本的な事ができて、始めて改善もスムーズに進むと感じた。

 

そして、昨日の朝、気がついた事で、車に設置しているシートカバーが整頓されていない状態で、放置されていた。
全て綺麗に整理整頓して並べた。
仕事が終わる頃には、どのようになっているだろうかと思いながら。









 

 

 

 

 

 

そして、仕事が終わる時間にもう一度見てみると、その綺麗な状態になっていた。

エンジニアが使ったら、元に戻す時には、綺麗にたたんで戻していた。










 

 


 

この基本的な事が改善の始まりなのかもしれない。 ほんの少しの事かもしれないが、この少しずつの積み重ねがとても大切で、
いずれは大きな結果をもたらすのではないかと感じた。




ここアラウディンでは、リフトを使っての定期点検を1時間を目標にしている。

なので、私も今日はそれのタイムトライアルをする予定にしている。目標は40分!!

実際に行動して見せたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Comments are closed.