Closed

10月16日 長く使う事の大切さ

10月 17th, 2012 / / categories: 滞在記 /


先日から、毎週土曜日に、SMK(高校の自動車課のような所)に
ハジカラトヨタの友達と授業を教えに行くようになった。 

そこでは、日本の高校生と同じ程の年齢の子供達が一生懸命、
自動車について勉強をしていた。

そこを卒業した子供達が、自動車整備士になっていくみたいだ。
なので、ハジカラの整備士もここ卒業生が沢山いる。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ハジカラトヨタのトレーニングをしている所を見学した時同様に、
やはり、質問がとても多い。

室内での授業が終わり外での授業をした。
そこでは、実際のエンジンを確認しながら、先ほど室内での授業の内容を復習していた。
そのエンジンや車を見ても、何年前のか分からないくらい古く、足回りにいたっては、
何故か、溶接をして新しく作られている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が専門学校に通っていた時には、教材車もたくさんあり、勉強する環境は整っていた。

ここのSMKでは、日本みたいに物が沢山ないので、少ない物をより長く使えるように、
工夫している。
今の日本は本当に物が沢山あるという点では、とても恵まれている。

それは、日本を出て他の国にでて、初めて分かる事かも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、今週も学校に行って授業を教える様になる。
一生懸命学んでいる子供達をみると本当に応援したくなる。
自分が専門学校にいる時を思い出した一日だった。

 

そして、その日の午前中は日本人の友達とSD(小学校)に行って来た。

子供達に手のあらい方を、インドネシアの歌と共に教えた。
日本人は珍しいらしく、歩く度にとても沢山の子供達が集まってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に写真を撮ろうとすると、一斉にいなくなる。
どうやら恥ずかしいらしい。
その行動も、とても可愛く思える。

日本もインドネシアも子供の可愛いさは、世界共通だと感じた。

 

 


Comments are closed.