Closed

10月25日 行動

10月 25th, 2012 / / categories: 滞在記 /


昨日の10000KM、サービス点検の挑戦の結果は、43分という結果になった。

朝から夕方までは、サービス点検がたくさん入庫しているので、いつもキャディーを使用している。
なので、練習はみんなの仕事が終わってからの練習になる。

現段階では、43分という結果なので後、3分は短縮したいと考えている。

まだまだ、動きが遅い所や、ムダな動きが多い所がある。だから、何度も練習を繰り返し、繰り返し。
体に覚えさせようと思う。

そして、本日は再度キャディーの改良をする予定にしている。



















サービスの点検の時に、クリーナーを使用して、ブレーキ関係を綺麗に掃除している。
その掃除をした時に発生する汚れたクリーナを、受ける為に一回一回、キャディーを動かしている。


それも時間がもったいないので、受ける為の箱自体を移動出来るように、回転式に、改造しようと思う。
日々、一生懸命に仕事に取り組んでいると、色々な知恵が出てくる。



これはもっとこうした方が、1秒でも早くなるのではないか?
この順番は、変えたほうがもっと効率よく動けるのではないか?
とにかく、行動をしなければ何も始まらない。


行動をして、始めて反省点が発生する。
反省点があると、それを克服する為には、何をしなければいけないのかが、分かってくる。
それが分かれば、また行動をする。
その繰り返しなのだと感じた。 
今までは、行動をする前に、考えて、悩んで悩んで、そしてようやく行動をしていたような気がする。
その考える時間、悩む時間が多い程、始めの一歩、始めの行動が大変な労力を使うのだと思った。

 

最近、秀さんの日記を読み返している。

始めてインドネシアに来た時にも、その日記を読んだ。
その時は、自分にも同じような事が出来ると思っていた。
サービスの改善をしたり、沢山の人と、とてもいいコミュニケーションをとっていて、みんなからはボスと呼ばれたり、
エンジニアがダメな事をした時には、ハッキリとそれはダメだと叱ったり。

私がインドネシアに来てもうすぐ、5ヶ月になる。
この5ヶ月間、今までの生きてきた人生の中で、一番考え、一番悩み、そして、一番成長しているのが、
この瞬間だと思う。

この文化の違う国では、毎日が自分の思い通りに行かない事ばかりである。
でも、その中で、秀さんは、とても多くの事をエンジニア達に伝えてきたのだと思った。


改めて、秀さんの日記を読み返す。

その日記は何度も読んだハズなのに、5ヶ月経った今読み返すと、以前とはまた違った気持ちが湧いてくる。
まるで、その日記は自分の道しるべになっているかのように。

言葉では、うまく伝える事が出来ないが、モヤモヤした気持ちがスッキリとするのだ。

秀さんの時も、このような事で悩んでたのか?とか、
このインドネシアでどんな事を考えて生活していたのか?など。

自分が考え、悩んだ時には、秀さんはどのように考え行動するのかを最近よく考える事がある。

まだまだ、自分の考えが浅くて、失敗したり、中途半端になる事もあるのだが、
それも自分が行動して出来た結果なので、逃げることなく、素直に受け止め、それにきちんと向き合い、
反省し再度行動したいと思う。

後、残り1ヶ月、後悔のないように行動を使用と思う。

写真右側が秀さん/左側がいつもお世話になっている、ハサンさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Comments are closed.