Entry

松前町「社協だより9月号」記事

松前町社会福祉協議会とボランティアセンターの機関紙「社協だより」の9月号の記事です。

ファイル 67-1.jpg ファイル 67-2.jpg



上田スタッフ 支援体験を新聞社に投稿

本店エンジニアの上田スタッフがこの愛媛新聞社に被災地支援での体験談を投稿。本日7月17日(日)に掲載されました。

ファイル 65-1.jpg



日刊自動車新聞に掲載されました。

6月25日(土)日刊自動車新聞に当社の支援活動が掲載されました。

ファイル 64-1.jpg



日刊自動車新聞社の記者へ熱く語る

自動車業界の新聞に「日刊自動車新聞」というのがあります。
今日は、その記者が当社に訪れ、なにやら取材をしています。
この愛媛トヨタ被災地支援ブログを見ながら、現地の様子を語っているのは、被災地支援の第1回に参加し、第2回では隊長を務めた三好さんです。

ファイル 63-1.jpg ファイル 63-2.jpg



到着時の写真続きです。

ファイル 62-1.jpg ファイル 62-2.jpg

ファイル 62-3.jpg ファイル 62-4.jpg



6月6日15;30 無事松山到着!

第3回被災地支援隊は、宮城県の女川での活動を終え本日6月6日15時30分松山の愛媛トヨタ本社に到着いたしました。

ファイル 61-1.jpg ファイル 61-2.jpg

ファイル 61-3.jpg ファイル 61-4.jpg



続きの写真です。

ファイル 60-1.jpg ファイル 60-2.jpg

ファイル 60-3.jpg ファイル 60-4.jpg



被災地での写真届きました。

第3回支援隊に同行していました当社専務の竹本が、被災地現場で撮影した写真です。

ファイル 59-1.jpg ファイル 59-2.jpg

ファイル 59-3.jpg ファイル 59-4.jpg



6月4日 井上隊員より

テクノオペレーションセンターの井上です。

ファイル 58-1.jpg

作業3日目 本日も昨日に続き快晴となりました。
昨日に続き 卸売り市場周辺のガレキ撤去作業ですが 日に日に疲労が蓄積する中 撤去する対象物も 大きくなり 他のボランティアの方々の力もお借りし 無事終了することができました。

ファイル 58-3.jpg ファイル 58-4.jpg

今回 女川に来て 自分の目で見て 色々な臭いや 重機などの作業音を聞き、休憩時間には地元の方々と話をすることもでき大変貴重な時間を過ごす事が出来ました。

本日はお昼の休憩時に 震度2程度の地震がありました。小さな余震がほぼ毎日ありますが就寝中のコースターでは日野隊長を震源地とした 寝返り地震が夜中 朝方と襲ってくるため 揺れに慣れてしまいました。

残すところ作業は後 半日となりましたが 松山に帰るまで 各参加者が自宅に帰りつくまで気を抜かず終えたいとおもいます。



6月3日 二宮隊員より

本店エンジニアの二宮です。

ファイル 57-1.jpg

復興支援報告します。
二日目の今日は、昨日の雨とはうって変わって快晴でした。
作業内容は昨日に引き続き魚市場周辺の清掃で、土や金属の回収をし、かなりの肉体労働でした。最初は瓦礫の量に嫌になりましたが、途中から他のボランティア団体の方や地元の方も応援に来ていただき、たくさんの量の瓦礫を回収することができました。

ファイル 57-2.jpg

みんなで助け合い、ゆっくり復興に向かっていくしかないと感じました。

もうひとつ、昨日今日と魚市場の清掃を行って感じたことは、本当に漁業が盛んな町だということです。
地元の方も、魚市場を一刻も早く再開させたいと言っていましたし、漁業で町が成り立っていると言っても過言ではないと思います。
ボランティア団体の方も、魚市場の清掃を優先的に行っているみたいなので、早く再開して欲しいです。

最後に、今日、地元のおばあちゃんとお話をする機会がありました。
津波の被害について、「大丈夫、大したことないよ。」と前向きなことをおっしゃっていましたが、やはり表情はどこか寂しげでした。
被害に合われた方は、やり場のない気持ちでいっぱいだと思いますし、それがあたりまえだと思います。それでも前向きな言葉しか言わない姿勢にとても勇気をいただきました。
明日の最終日も笑顔で張り切って支援します。



Page

Utility

Calendar

< 2017.3 >
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -

Entry Search