初投稿です!

皆さん、こんにちは!
3月24日から愛媛トヨタでインターンシップをさせていただいております、
聖カタリナ大学新3回生の真鍋彩里です!
今後スタッフの皆さんとともに、ブログを担当させていただく事になります!
どうそよろしくお願いします^^
さて、昨日から新入社員の方たちは研修がスタ-ト!
私もインターン生ではなく、入社したつもりで参加させていただきました。

というわけで・・・昨日の研修について少し紹介したいと思います。
まずは竹本専務による講話です。

竹本専務はとっても情熱的でそしてちょっとお茶目な一面もある方でした^^♪

↓専務の右側から・・・わたし、浅山スタッフ、上村スタッフです!

竹本専務のお話で、とても印象に残っているのは、
愛媛トヨタは「社員の幸せと生き甲斐を求める場として存在する。」
という企業理念についてです。

愛媛トヨタでは社員の幸せを第一に考えているのです。
この考え方は、はじめ私には意外に感じられました。
企業は、株主・顧客のために存在し、利益をあげることを一番重要にしていると
思っていたからです。
しかし、インターンシップを始めて5日目、この企業理念はとても浸透していて
社員さんの幸せにつながっていることを感じています。
社員満足調査の結果も高いというのも納得☆です。
そして竹本専務のお話が終わった後は総務G/渡部課長からの会社概要説明です。
渡部課長は私たちによく質問を投げかけて、双方向で意思疎通を図り、
とても楽しく進行してくださいました☆
(愛媛トヨタの社員さん達は面白い方達が多いようです^^笑)

渡部課長のお話で私が大変考えさせられたのは、「幸せ」についてです。
課長は「あなたたちにとって、いったい何が幸せですか?」と質問を投げかけました。
私は何が幸せな事なのだろうと考え、思いついたのは海外旅行に行く事だったり
美味しいものをたらふく食べられるなど、比較的贅沢な事ばかりでした。

しかし、驚く事に新入社員の方たちから出てきた言葉は・・・

「家族がいる事が幸せです。」
「毎日不自由なく暮らせる事が幸せです。」
「人に感謝出来る事が幸せです。」

といった当たり前に思いがちな事ばかりでした。

正直、それを聞いて私はとても恥ずかしい気持ちになりましたし、
当たり前の事を当たり前に思わず、幸せな事だと思える皆さんを
見習って、感謝の気持ちを忘れないようにしようと思いました。
こうして竹本専務と渡部課長のお話を聞いて、私は愛媛トヨタでの
インターンシップに対するモチベーションがぐっとあがりました!                                            次回のインターンシップも頑張りたいと思います!

それでは、インターン生の真鍋がお送りしました~^^♪
最後まで読んでいただきありがとうございます!!

 

以上

 

インタ-ンシップ生/真鍋


Ringbinder theme by Themocracy