体験そして鍛錬。

自動車を取り扱う業界を考えたとき、

「自動車を通じた地域社会への貢献」という側面がある一方、

裏を返せば、直接的ではないとはいえ、人の命に関わる商品を

私たちは販売しているという側面もあります。

 

後者の側面をいつも心にとどめながら、

地域の皆さまの豊かなカーライフに

貢献できるよう、日々微力ながら精進しています。

 

先日は、新人研修で救命や災害理解を含めた研修を取り入れてみました。

 

 

 

 

 

 

 

松山市の職員の方々に教えていただきながら

まずは蘇生術の勉強です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、蘇生・救命の事態に直面することはめったにないとはいえ、

何事も体験しないと次の一歩が踏み出せません。

 

百聞は一見にしかず。

百見は一体験にしかず。

 

何事も体験してみないと感じることもないし

そこに工夫や思いは生まれません。。。

そして体験したことを鍛錬することで

自分自身の心棒・経験に変わっていくのだと感じます。

実際、 私たちが研修を受けている隣で

真剣に鍛錬している消防局の皆さんの姿を拝見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

新人スタッフには、今後も様々なことを体験してもらいながら、

日々鍛錬することを忘れず、研鑽につとめる心を

養っていけるように、全力で伝えていきたいと思います。

 

 

 

営業部 / 三好

 


Ringbinder theme by Themocracy